読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中高生必見!LINEPayカードのおはなし

こんにちは、LINEの回し者(友達談)ことゆるゆるです。使い方や運用メモになるかと思います。

 

1.LINEPayとは

 LINEPayはLINEが運営する決済システムのことです。おもに2つのサービスからなっています。

 1つ目は決済方法としてのLINEPayです。クレカ払い・コンビニ払いと同じようにLINEPay払いというものが存在します。クレカをあらかじめ登録しておくことで入力の手間を省き、クレカ情報を一元管理できるといったメリットがあります。

 2つ目はLINEPayカードです。こちらはau walletやソフトバンクカードのような前払い式のプリペイドカードです。この記事ではこっちを取り扱います。

 

2.LINEPayカードの強さ

 LINEPayカードを語るに当たって外せないところ。それはポイント還元率です。他のクレカやプリペイドカードの追随を許さない2%もの還元率を誇っています。

 見てくださいこの破格の還元率!

f:id:taittide:20170419230254p:plain

ビューカードSuicaなど鉄道系でのご利用で1.5%の還元となります。

楽天カードジョーシンやサンクスでの利用で3%となりますが学生にあまり使い所がないので省きました

 

 2つ目の強さは誰でも持てることです。中高生がネットでのお買い物をするにはクレカが必要ですよね、そこでLINEPayです。

 

 3つ目の強さはチャージを銀行口座から100円単位でできることです。これはほんと便利で、勧めた友達がすぐ「これじゃないとめんどくさい」とはまってしまうほどです。簡単にチャージできます。

f:id:taittide:20170419231027j:plain

チャージから銀行口座を選び、

f:id:taittide:20170419231033j:plain

金額を入力するだけ!

f:id:taittide:20170419231035j:plain

ほら、こんなに楽チン。

 

3.LINEPayカードのデメリット

 LINEPayカードはあくまでプリペイドカードなので使えない店が出てきてしまいます。月額系やガソリンスタンドなど、認証が必要なところでは使えないそうです。

 

4.使えるお店

 

ここまでいかがでしたか?使えないお店を探す方が大変になってきます。ここからは僕の主な運用方法について書いていきます。

 

5.モバイルSuicaとの併用

 LINEPayカードのポイントは100円単位なので届かなかった分は切り落としが行われます。勿体無いですよね?

 そこでモバイルSuicaの出番です。iPhoneならSuicaアプリケーションでLINEPayを登録し、チャージすることができます。(Androidも出来ますが詳しくはわかりません)

モバイルSuicaにチャージすることで端数が完全になくなり、ポイントのロスがなくなります。さらに、Suicaは今やどこでも使うことができるので使用範囲を広げることができます。

 僕がよく使うのは学校にある70円コーヒー自販機ですが、それでもポイントが貯まります!また、Suicaの使える範囲も広いので本格的に全ての場所で使えると言っても過言ではないです。

 

 これをもっと便利に活用するために、Apple Watchが有効です。

銀行からLINEPay→Suicaとチャージして裏拳決済は気持ちよすぎてやめられなくなります(笑)値段は高いですがどうでしょう?

 

 

 

僕は、LINEPayの還元率が落ちなければ永遠に使っていくと思います。それほど素晴らしいカードなんです。お読みいただきありがとうございました。

自炊と、今の構成のおはなし

最近、自炊(本の電子書籍化)を始めました。どんな思考の先に今の環境が出来上がったのかつらつらと書いてみようと思います。

参考になれば嬉しいです。

1.自炊始めます

なんで自炊しようと思ったのか。

・本を持ち歩くのが大変

・本棚の容量がなくなってきた

って感じですね。世界に入ってしまうと一気に読むタイプなので出先で読んで時間がないのは苦痛でした。

 

2.あこがれ

何年も前に電車内で電子書籍を読んでいる方がいらっしゃいました。電子ペーパーが本物の紙のように見えて感動したことを覚えています。そんなあこがれもあり、電子ペーパーは必須用品でした。

 

有名どころとしてkindlekoboがありますが使い方を考えた結果kobo一択でした。

・自炊小説を入れるので容量が欲しい

・他にもお金がかかるので(後述)安く手に入れる。

・小説しか読まない

koboにはSDカードを挿せる機種が存在していて、簡単に容量を増やすことができます(Max32GBですが)。1冊20MBも前後なので十分でした。また、koboの初期型は楽天カード会員の人に配られたらしいので、メルカリなどで爆安で手に入れられます。

 

koboの一部の機種は内蔵ストレージを拡張する裏技があり、外部と合わせて64GBまでは拡張できると踏んでいます。気になる方は調べてみてください。

 

3.スキャナーと裁断機

自炊をする上で最も大事なのはスキャナーです。これは迷いました。前提条件として「ADF(自動給紙)付き」であることが挙げられます。でも有名どころのScanSnapなんてものは高いんですよね!

結局僕は5年ほど前の業務用スキャナー「fi-6140」を買いました。ヤフオクで3000円ほどでした。最新の機種に負けない(むしろ勝ってる)スキャン速度で一つの選択肢としてオススメできます。※ただしスキャン用ソフトが入ってない

次は裁断機ですね。といきたいんですが、僕は無駄な出費と捉えて買いませんでした。今はカッターで一つ一つ切っています。慣れればスキャン速度に追いつけるのでこれからもおそらく買いません。

 

4.ソフト関連

基本的にフリーのソフトを使用しています。編集用ソフト「ChainLP」です。

no722.cocolog-nifty.com
このソフトは万能で簡単に余白を削除してくれるのでこれなしではもうできません。作者さん本当にありがとうございます。詳しい使い方はまた後日に書こうかなと思ってます。

またスキャン用にも「BTScan」を使っています。設定プロファイルを作成しておけばワンクリックで読み込みスタートできるのが楽でいい感じです。基本的に本文は300dpiの解像度でスキャンしていますが今のところ支障はありません。

こちらもかければまた後日あげたいと思ってます。

 

5.注意事項

自炊した後の裁断済み文庫本は売りに出しても法に触れません。ただし自炊したファイルを誰か他人に渡すのは法律的にアウトなので、絶対にやらないようにしましょう。

 

みなさんも電子書籍で素晴らしい読書タイムを!